09
TOP IMAGE
http://ayankey.blog74.fc2.com/

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『AI KAGO meets JAZZ』を聴く

『AI KAGO meets JAZZ』を聴いた。

英語も歌唱も確実にスキルアップしているのだろうけど、加護ちゃんのボーカルの特色やタレント性を生かす形の楽曲とはなっていないと感じざるを得なかった。

生硬な英語に本格的にJAZZYなバック。バックのレベルは高く、ハロプロ時代のなんちゃってトラックではない。しかし、そこに届くには加護ちゃんのボーカルの実力がイマイチ足らず、結果としてアルバムトータルでは、チグハグで未熟な印象を受けてしまうのだ。

そんな楽曲たちの中で、群を抜いて良かったのは日本語で歌われるボーナストラックの「17歳よさよなら」(Wでも取り上げていた)。舌っ足らずさを残したスイートな声が踊るアンニュイなマンボ歌謡。これはキュートな曲だ! 

彼女の魅力を生かすには、中途半端な本格志向よりも、こうしたポップなコケティッシュ路線じゃないだろうか?! 背伸びしてここまで無理して頑張りましたではなく、もともと持っている魅力を磨いて拡大する方向にすべきだろう。彼女ははじめから余人を持って代え難いものを持っているのだから。英語も歌唱も確実にスキルアップしているのだろうけど、その見せ方に難あると思う。

ただ、こうしたチャレンジは今後の彼女のためにはなるだろう。

加護ちゃんのサバイブの仕方がとても興味深い(僕は彼女には芸人の意地、怨嗟のようなものを感じる)ので今後も追うつもり。頑張れ!!



気になってyoutubeでライブの映像を見たらCDよりもいい感じでした。
進化中ということなのかなー。
http://www.youtube.com/watch?v=KbtChZNVHS4&feature=related


やはりアルバムでジャズをリリースするのは早すぎた、というのが素直な感想です。
声はやや青みが増したとは言え、まだまだ桃色の甘さを持っているのだから、
そうした持ち味を活かす路線で頑張ってほしかったです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ayankey.blog74.fc2.com/tb.php/61-69dbb793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

腹立松浦 «  | BLOG TOP |  » つんくっぽさ(旅先メモ)

プロフィール

vivahiko

Author:vivahiko
横浜市出身。法政大学文学部哲学科卒業。既婚。一男一女に恵まれる。かつて人文科学系/サブカル系書籍編集者にして、モーヲタ(モーニング娘。ヲタク)でした。ここでは主にハロプロを中心とするアイドル音楽批評を書き連ねてみたいかと。
twitter:http://twitter.com/vivahiko

最新記事

カテゴリ

ハロプロ (11)
雑記 (27)
未分類 (0)
その他 (2)
映画 (1)
洋楽 (1)
ハロプロ名作 (1)

フリーエリア

FC2カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。