01
TOP IMAGE
http://ayankey.blog74.fc2.com/

2010-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アラビアの夜の種族』

●『アラビアの夜の種族』面白すぎる。ヤバイ。不眠不休で読みきったる!!!!!(眠りを拒んだアーダムが如く)。
 喫茶店読み、図書館読みを既に試みたので、これより電車読みに移行する。電車読みとは→最寄の駅から電車に乗り、終点まで降りずに読書。終点で逆方向に乗り換え(ここで良席ゲット)再び読書。最終的には、乗車駅より二駅程離れた駅で降車し、徒歩で帰宅。電車内では何故かサテンや図書館に比し、読書の集中力が格段に向上する。(091228)

●『アラビアの夜の種族』やっと半分位。「災厄の書」やら「砂の書」やらいちいちエドモン・ジャベスくさい。つうかジャベスはエジプト出身だし設定的にも下敷きにしてるっしょ。しかしディアスポラの民たる悲劇のお話はなさそう、今のところ。面白くて興奮してるけどいったん寝る。(091229)

●『アラビア~』メモ:やっと400頁超え。スピードが出ないのは修辞も(ある程度)舐めるように味わっているから。非常に高度な表現力。破綻、襤褸はいまだ二桁に届かず。だいぶメタ・フィクショナルな結構が前景化してきた。とは言え実験的な言語遊戯のそれではなく、骨太な物語性を保持したそれであり、読みやすい。
 むしろ話についての話という構造こそがこの作品においての物語性の源泉なのかもしれない。批評ではなく擬態。異化相対化解体ではなく保持強化再生産。ここそこに入れ子型に仕掛けられた罠たち。だがしかし、唐突に暴力的な放擲の予感……。(091230)

●『アラビアの夜の種族』読了。思ったより時間がかかる。物語は事前の予想よりも過不足ない形で終了した。暴夜(アラビア)の闇黒の中で、書物/建築/都市/戦争が物語られる永遠の幻夢譚。表現力が凄まじい。微細な具体物への描写から抽象的なイメージの奔流まで、止む事を知らぬ豪華絢爛、華美艶麗な言葉の大伽藍が逆立しながら構築されている。死ぬまでにあと3回は読めるだろう。『ドクラマグラ』『黒死館殺人事件』『死霊』の次位を占める、と評価し得る。次はシーケンシャルな流れを無視して細部の拾い読み。微分の悦楽を堪能。(100104)

アラビアの夜の種族 (文芸シリーズ)アラビアの夜の種族 (文芸シリーズ)
(2001/12)
古川 日出男

商品詳細を見る


アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)
(2006/07)
古川 日出男

商品詳細を見る


アラビアの夜の種族〈2〉 (角川文庫)アラビアの夜の種族〈2〉 (角川文庫)
(2006/07)
古川 日出男

商品詳細を見る


サウンドトラックサウンドトラック
(2003/09)
古川 日出男

商品詳細を見る


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

vivahiko

Author:vivahiko
横浜市出身。法政大学文学部哲学科卒業。既婚。一男一女に恵まれる。かつて人文科学系/サブカル系書籍編集者にして、モーヲタ(モーニング娘。ヲタク)でした。ここでは主にハロプロを中心とするアイドル音楽批評を書き連ねてみたいかと。
twitter:http://twitter.com/vivahiko

最新記事

カテゴリ

ハロプロ (11)
雑記 (27)
未分類 (0)
その他 (2)
映画 (1)
洋楽 (1)
ハロプロ名作 (1)

フリーエリア

FC2カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。